ゲランドの塩 +ゲランドの塩生産者組合の塩は
こんな所で使われています
+ゲランドの塩へ
グランシェフからのメッセージ新しいウィンドウ
+商品ラインナップ +塩とは? +製造方法 +ゲランドの塩生産者組合について +塩を取り巻く状況
>> part 1
-- part 2 -- part 3 -- part 4 -- part 5 +ナチュール・エ・プログレ +収穫状況 +成分について +【特設】小池徹弥氏製作
ゲランドのジオラマ
+よくあるお問い合わせ
ブログ更新中!ムッシュ アーさんのお宝公開!
ゲランドの塩生産者組合 公式アプリ Get it on Google Play
QRコード

塩を取り巻く状況 part1

ゲランドの塩の現状と問題点

海塩への嗜好はここ数年、世界的に拡がりつつあります。日本におきましても、1997年4月に旧来の『塩専売法』が廃止され、それに伴って塩事業法が施工されました。

この規制緩和によって、食用としての塩の輸入が可能になりました。弊社におきましては、それ以前からタラソテラピー(海洋療法)関連の化粧品を輸入しており、ゲランドの塩を使用した浴用化粧品として既に輸入していました。その実績を踏まえて弊社では、同年4月に食用としての『ゲランドの塩(PALUDIER/パリュディエ)』を輸入し、日本のマーケットの中ではトップを走って販売を開始しました。

その後、ゲランド地方の伝統的な製塩を質・量ともに守り続けて行くと言うスタンスに共感し、取り扱いブランドを『ゲランドの塩生産者組合』の製品へ変更して日本に紹介し続けています。

弊社販売の ゲランドの塩 はこちら!

フランス ゲランドの塩の歴史的背景

『GILDAS BURON 著:
 Bretagne dex Marais Salants -2000 ans d'histoire-』 によると、塩田による製塩法は、およそ9世紀頃に確立されたと言われています。ただ、それ以前の古い塩田に関する文献が現存していないため、定かではありません。

塩田ではなく『煎熬(せんごう)』と言われる手法・・つまり『海水を煮詰める方法』は、それ以前から行なわれていたようです。この事は、製塩所の遺跡が存在することから検証されています。

地元の人々の間に伝わる伝承で、『塩田に必要不可欠な技術』である

塩田に微妙な傾斜を付け、常に海水が流れるようにする

という技術は、『ケルト民族の司祭(僧侶)の指導によって作り出された』と言われています。このような技術は、現代の測量技術を持ってしても非常に難しいことなのです。
ゲランドの塩の製造方法については、以下のページで詳しく紹介させて頂いております。ぜひご覧下さい。

16〜18世紀にかけて、大変な発展をしました。例えば17世紀には『塩職人(パリュディエ)』が7000人。生産高は30000tを越えていました。

しかし1900年代に入ってから、一気に衰退しました。その理由として『大量生産方式』の塩の普及が考えられます。1922年には、塩職人の数は200人を切ってしまいました。

その後『塩田復興運動』により

などが行なわれ、世界的なオーガニック、エコロジーという背景も加わって、現在の塩職人の数は約250名となり、生産量は、8000t〜10000t(平年)にまで復活しました。

PHOTO (C) LES SALINES DE GUERANDE Pascal FRANCOIS

セル マリン ムリュ 500g / 250g ブルターニュ地方、ゲランドの塩田風景 ゲランドの塩田、グロ・セルの収穫風景 フルール・ド・セル(塩の花)の収穫