ゲランドの塩 +ゲランドの塩生産者組合の塩は
こんな所で使われています
+ゲランドの塩へ
グランシェフからのメッセージ新しいウィンドウ
+商品ラインナップ +塩とは? +製造方法 +ゲランドの塩生産者組合について
-- part1
-- part2 >>- part3 -- part4 -- part5 -- part6 +塩を取り巻く状況 +ナチュール・エ・プログレ +収穫状況 +成分について +【特設】小池徹弥氏製作
ゲランドのジオラマ
+よくあるお問い合わせ
ブログ更新中!ムッシュ アーさんのお宝公開!
ゲランドの塩生産者組合 公式アプリ Get it on Google Play
QRコード

ゲランドの塩生産者組合について

このページでは、弊社取り扱いのゲランドの塩を生産している『ゲランドの塩生産者組合』の歴史や組織概要、活動などを解説させて頂きます。

part3 組 織

組合は、相互扶助、平等、公平、連帯などの本質的な価値に基づいて、強いグループ精神のもと運営されています。組合員である塩職人たちが、組合唯一のオーナーだからです。

組合員は、春と秋の総会に参集します。春は年間の総決算、会計の承認、組合員の中から理事の選出を行い、秋は収穫状況と大きなプロジェクトについてのまとめです。

選出された理事会は執行部を任命し、組合の運営を行います。理事たちはそれぞれの委員会の組織に入って、ディレクターやすべての従業員たちと共に協力して組合の発展のために働いています。

理事会は、現在、Gregory PITART理事長の下、14名の理事で構成されていて、会員である200人の塩職人を代表しています。

PHOTO (C) LES SALINES DE GUERANDE Pascal FRANCOIS

セル マリン ムリュ 500g / 250g ブルターニュ地方、ゲランドの塩田風景 ゲランドの塩田、グロ・セルの収穫風景 フルール・ド・セル(塩の花)の収穫