ゲランドの塩 +ゲランドの塩生産者組合の塩は
こんな所で使われています
+ゲランドの塩へ
グランシェフからのメッセージ新しいウィンドウ
+商品ラインナップ +塩とは? +製造方法 +ゲランドの塩生産者組合について
-- part1
-- part2 -- part3 >> part4 -- part5 -- part6 +塩を取り巻く状況 +ナチュール・エ・プログレ +収穫状況 +成分について +【特設】小池徹弥氏製作
ゲランドのジオラマ
+よくあるお問い合わせ
ブログ更新中!ムッシュ アーさんのお宝公開!
ゲランドの塩生産者組合 公式アプリ Get it on Google Play
QRコード

ゲランドの塩生産者組合について

このページでは、弊社取り扱いのゲランドの塩を生産している『ゲランドの塩生産者組合』の歴史や組織概要、活動などを解説させて頂きます。

part4 機 能

毎年、夏に、組合員はそれぞれに自分たちが収穫したものを組合に持ち込みます。このように必ず共有するということが、私たちの組織の基礎となるものの中の一つです。

しかしながら、気候条件によって収穫量は、1つのウィエにつき100kgから3トンと、バラつきがあります。

最低でも2、3年分の在庫が必要なのはそのためです。私たちのクライアントや消費者に、量も質も安定した供給を保証するためです。

豊作であっても不作であっても、組合は、同じ品質の塩に対しては、どの塩職人にも同じ買い付け価格を保証します。報酬は、当然、各組合員の塩の提供量に比例します。

買い付け価格は、毎年、組合員が自分たちで決め、それを一年間適用します。年に一度のこの協議のおかげで、現在では塩職人の収入は安定し、自分たちが生産したもので普通に暮らすことができるのです。

PHOTO (C) LES SALINES DE GUERANDE Pascal FRANCOIS

セル マリン ムリュ 500g / 250g ブルターニュ地方、ゲランドの塩田風景 ゲランドの塩田、グロ・セルの収穫風景 フルール・ド・セル(塩の花)の収穫