コビエ

『Cobier』
『Vasiere(バジエール)』の次に海水が通過する貯水池。
ジグザグになっている。

貯水池といっても、塩田内にある貯水池は 基本的に『通路』のような物だ。
海水の流れがゆっくりになるように、ジグザグな作りになっている。

暖かい土地であれば、ただ溜めておくだけでも結晶するだろう。
しかしゲランドは、それほど気温の上がる地方ではない。
これも、長い年月をかけて築き上げられてきた製塩術の一つだ。

[×閉じる]