ゲランドの塩生産者組合の天日海塩 収穫方法

ゲランドの生産者組合の天日海塩・・・その製造方法は、9世紀以前に確立されており、現在もなおその手法が守られ続けています。このページでは、伝統的・歴史的に興味深い『ゲランドの塩の製造過程』を簡単に説明したいと思います。

ゲランドの塩田
ゲランドの塩収穫

まず 『海水を塩田に導く溝』 によって、海水が塩田を灌漑(カンガイ)します 。 15日周期で訪れる 『大潮』 の時に、塩職人たちは海水貯水池にある仕切りを開け、水位の差を利用して海水を塩田内に導きます。

この貯水池傾瀉(ケイシャ)のための池で、幾つかの塩田へ海水が流れ込んで行くわけですが、この時点 でもう既に太陽と風が作用し始めています。海水が温められ、最初は『34g/l(1㍑中34 g)』だった塩分濃度がここで『40g/l』に達します。

徐々にゆるやかな傾斜がついていて、塩田職人がスレートか木でできた杭を使って流量の微調整を行いそこから海水は、粘土質の中に設けられた 一連の池 を通りながら塩田内部へと巡っていきます。

まず『コビエ』へ・・・

ここでも海水は蒸発を続け、コビエから出る時には水温が『28℃』塩分濃 度が『50g/l』になっています。

その後、海水の巡回は蒸発用の池『ファール』へ来ます。

ファールは通路がジグザグになっているため、浅く(4cm~5cm)回転していた水にブレーキがかか ります。海水は最初のファールですぐに32℃に達し、塩分濃度は『約200g/l以上』すなわち『20%程度』になります。

海水はそこから『アデルヌ』へ入れられます。そこでは、塩が結晶化する為の結晶池・・・『ウイエ』に 必要な濃縮海水日々貯蔵されています。

海水(塩水)が結晶化を始めるのは、塩分濃度が『約25~28%以上』の状態です。つまりこの『アデルヌ』を出る時点で海水は『結晶直前の状態』になるわけです。

そして最終結晶池『ウイエ』。最終結晶池では、水面の表層部分に最初に結晶する白い塩を『ルス』と呼ばれる木板ですくいあげます。

これが、ごくわずかしか採取されない『フルール ド セル(塩の花)』で、その後自然乾燥されます。

塩田の塩 塩の結晶は、水面下で結晶するものが大部分でそれらは『グロセル(大粒塩)』と呼ばれます。これは『ラス』という5m程の柄の付いた木板で、結晶池中央の円形の場所へ集められてから、乾燥させる場所に運ばれます。

PHOTO © LES SALINES DE GUERANDE Pascal FRANCOIS

© 株式会社ナック