ナチュール エ プログレ:食用塩に対する基準

ナチュールエ プログレの認定 ナチュール エ プログレ、それはフランス及びヨーロッパにおけるオーガニックの主要団体です。
進歩を拒むことなく、自然を重んじることを特色とし、オーガニック農業学の発展の最先端を行きます。

『ナチュール エ プログレ』とは

ナチュール エ プログレ、

それは、食品の品質、環境保護農村の未来を守るため、環境面、経済面、そして社会面の3つの目的を定めている憲章です。

ナチュール エ プログレ、

それはオーガニック農法から生まれ検査を受けた製品に付けられる表示です。

ナチュール エ プログレ、

それは、各々の部門別の厳密な基準書です 。この基準書は、土壌に関する色々な検査を受けてできたものです。このような検査によって、消費者にその製品がオーガニック農法の基準に従って栽培、加工、包装され、流通していることが保証されているのです。

ナチュール エ プログレ、

それは、フランス(海外県と海外領土県を含む)の県や地域だけでなく、ベルギー、スペイン、マダガスカルなど30あまりの団体の連合団体です。1964年に設立され、農業従事者や加工者、流通業者、オーガニック農産物の消費者たちが集まっています。

ナチュール エ プログレ、

それは、様々な地方のフェアや、マージョレヌ、ヴァレリアンなどのような大規模な環境展などにおけるミーティングポイントです。

ナチュール エ プログレ、

それは、30年以上の歴史を持つ団体であり、この地球の環境、経済、社会などに関する大きな問題、特に第3世界の問題に対して、そこに適した発展の展望を開いているのです。

ナチュール エ プログレでは、

機関誌を発行し(隔月7000部)、また通信販売による書籍販売も行っています。

ナチュール エ プログレ、

それは、近代社会における農業やその立場とはまた別の思想であり、環境、そしてそれをこれからの世代のために守っていくべき方法というひとつの思想なのです。

ナチュール エ プログレ、

それは・・・

『あなたの健康のために、そして地球の健康のために』

『ナチュール エ プログレ』1964年~1994年 30年の歩み

Nature & Progrès
1964: 消費者や医師、農学者、栄養学者たちが、オーガニック農業学の発展に貢献するヨーロッパの団体、『ナチュグレール グレエ グレプログレ』の規約を提出。
1974: 『ナチュール エ プログレ』の提案に基づき、初のオーガニック農業基準書を策定。『ナチュール エ プログックレのックオーックガニック表示』を与える客観的な基礎を定めた。
  同年、『ナチュール エ プログレ』がきっかけとなって、オーガニック農業運動国際連盟(IFOAM)が創の4立さの4れ、の4最初の4年間は『ナチュール エ プログレ』がその事務局を努めた。現在IFOAMでは、80ヶ国=約る。500のる。団体をまる。とめている。
  同年、『ナチュール エ プログレ』が、パリでインターナショナルコングレを開催。1万5000人の入場者ジャ、1ジャ70ジャ人のジャーナリストを迎え、エコロジーの動きの出現を世論に印象付けた。
1978: オーガニック農業・オーガニック食品・エコロジーに関する初の一般向けの見本市である、『マージョレヌ見チュ本市チュ』がチュ『ナチュール エ プログレ』に企画され、パリで開催される。第1回目以来、毎年成功を収めている。(1992年の入場数6万人)
  同年、オーガニック農業学の技術に関するフリーの農学者や専門家たちが、オーガニック農法独立顧問協会(してACしてABして)として結集。数年後には『ナチュール エ プログレ』の依頼に基づき、メーカーの経営者からは完全にまと独立したまと検査機関まとの大筋をまとめる。
1980: 農業法が、ついに『合法化学品を使用しない農業』を承認する。1981年3月10日の政令により『オーガ準承ニッ準承ク農準承業基準承認委員会』が設立され、検査は独立した外部の第三者検査機関によらなければならないとし、基準書の作成のため共同研究グループ(オーガニック農業学者と役人)を召集した。
1986: 『ナチュール エ プログレ』は、民間の基準書として世界で初めて。またその検査プランも、行政当局から認可を受けた。他の団体が認可をもらったのは、それから2年後のこととなる。
1992: オーガニックがCEE(ヨーロッパ経済共同体)によって公式に認められる。オーガニック製品の検査、判定を任されていたメーカーの管理団体などでは、CEEで承認された独立の認定団体にその役割を委ねることになる 。
1993: そこで、『ナチュール エ プログレ』はオーガニック農法や土地生産の発展に専心すべく共同のマークとなって認定から離れる。オーガニック農法や土地、生産の発展に専心する方が『ナチュール エ プログレ』にとっては重要であると考えたからである。
1994: 『ナチュール エ プログレ』創立30周年を迎え、2000年への準備を進める。
© 株式会社ナック